官公庁・自治体職員研修、企業研修をリアルとオンラインで提供する東京の研修会社

営業時間
平日9時~18時
定休日
土曜・日曜・祝日
ご依頼・ご相談専門窓口(営業電話・メールはご遠慮ください)
03-6905-7195

ムダをなくし、仕事の密度を高め、成果を上げる
タイムマネジメント研修

対象者・目的・特徴&特色

「時間がない」「忙しい」から解放されるポイントを学びたい人のための
プログラム。

対象者

・「時間が無い」「忙しい」が口癖になっている人
・時間や締切がなかなか守れない人
・やりたいこと、やらなければならないことを、
 つい先送りしてしまう人
・なぜか、毎日残業が続いてしまう人
・タイムマネジメントの方法論を学んだことがない人 

 
研修の目的

タイムマネジメントの方法論を学び、効率的な仕事の進め方を習得する
効率的な仕事の進め方を身につけることで、仕事に対する意識向上も図る

 
研修の特徴・特色

タイムマネジメントの結果、何を得たいのかを明らかにする
時間の使い方を見える化し、“見えないムリ・ムダ・ムラ”を省く
効率的な仕事の進め方のフレームワークを学び、スキルを向上する
受講者同士で知識やノウハウを共有し、組織知への転換を図る
イレギュラーな仕事への基本対応を学ぶ

 

テレワーク、リモートワークでも
生産性の向上が求められる
仕事の進め方が求められています。

働き方改革によって生産性の向上が求められ、
コロナ禍でテレワーク、リモートワークが普及し、
私たちのワークスタイルにも大きな変化が訪れました。

 

このような中、これまで以上に、
限られた資源や時間を有効に活用しつつ、
これまでとは違った新しい働き方、
新しい仕事の進め方で成果を生み出すことが求められています。

DX化の推進は、まさに、その1つと言えます。

 

アイル・キャリアのタイムマネジメント研修は、仕事の管理や時間の管理をすることにとどまりません。日ごろの時間の使い方を見える化し、目に見えない“ムリ・ムダ・ムラ”に気づき、捻出した時間を使って何を得たいのか、何をすべきなのかまでを視野に入れて学ぶ内容となっております。

 

研修で学んだことを自然に職場展開
できる流れをつくるプログラム。

また、受講者同士で知識やノウハウの共有を図ったり、イレギュラーな仕事の基本対応も学ぶことが出来ます。

 

プログラムは、プレイヤー用、プレイングマネジャー用、仕事のDX化も考えるプログラムなど、ご要望に応じたアレンジが可能です。

受講人数

オンライン研修/24名まで 集合研修/36名まで を推奨いたします。

 
研修時間

オンライン研修/2.5時間~7時間、集合研修/3時間~7時間 を推奨いたします。

 

標準1日コースのプログラム例

※ 下記プログラムは一例です。お客さまのご要望に合わせて、研修内容を追加・変更するなど、カスタマイズが可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。

~アイスブレイク&自己紹介~

1.タイムマネジメント上手になるために

  • タイムマネジメント上手になる(効率よく仕事をする)ために
  • はずせない4つのポイント
  • 段取りの3種類 ※以下、タイムマネジメント上手は、“効率よく仕事をする”に統一
講義

《実習1》個人ワーク/ペアワーク

  • テーマ「私のワークスタイルは?」
  • 各自、研修前日までの通常勤務3日分の時間の使い方(通勤、プライベート含む)をシートに書き出す
  • 自己評価、振り返り後、ペアワークで共有を図る
  • 進行は講師から案内
実習

2.段取りとタイムマネジメントの基本

  • 段取りの基本フロー
  • スケジューリングのコツ
  • 優先順位のつけ方(業務発生ベース、1日ベース)
  • スキマ時間の有効活用
講義

《実習2》個人ワーク/ペアワーク

  • テーマ「1日(または、週間)の段取りを考える」
  • 共通ケースのスケジューリングを簡単に行った後、講師からポイントの解説
  • 各自の1日(または、週間)の業務の優先順位づけとスケジューリングを行う
  • 振り返り後、ペアワークで共有を図る
  • 進行は講師から案内
実習

《実習3》グループワーク(事前課題)

  • テーマ「効率よく仕事を進めるために、私(私の係)がしていること」
    ①書類の整理術、②データの整理術
  • 各自グループ内で発表、共有後、他グループとも一部共有を図る
  • 進行は講師から案内
実習

3.さまざまな段取り術

  • イレギュラーな仕事への基本対応
  • 企業の事例紹介
講義

《実習4》振り返り/グループ内共有

  • テーマ「私の行動宣言!」
  • 各自、気づいたこと、学んだことの中から職場実践することをシートに記入
  • 記入後、グループ内で宣言!
  • 進行は講師から案内
実習
※まとめ、質疑応答、アンケート記入/研修終了  

タイムマネジメント研修 1日コースのプログラム例

※ 下記プログラムは一例です。お客さまのご要望に合わせて、研修内容を追加・変更するなど、カスタマイズが可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。

~アイスブレイク&自己紹介~

1.段取りとは何か

  • 段取りとは何か
  • はずせない4つのポイント
  • 段取りの3種類
講義

《実習》ケーススタディ/ペアワーク

※テーマ「職場旅行の企画」

※ケースにもとづいて、各自段取りを考える

※終了後、ペアワーク

実習

2.段取り術①

  • 段取りの進め方
  • リストアップのポイント
  • 優先順位のつけ方(業務発生ベース・1日ベース)
  • スキマ時間の活用
講義

《実習》個人ワーク/ペアワーク

※テーマ「1日の段取りを考える」

※各自の実際のスケジュールを活用して、1日の段取りを行う

※終了後、ペアワーク

実習

3.段取り術②

  • 仕事の総時間を知る
  • 逆算思考のスケジューリング
  • 時間配分のポイント
講義

《実習》ゲーム実習/グループディスカッション

※テーマ「○○○セット商品をつくれ!」

※グループでゲーム実習を行う

※グループごとに目標を設定し、制限時間内に達成を目指す

※終了後、結果発表と振り返り

実習

《実習》ケーススタディ/ペアワーク

※テーマ「トラブルが発生したら」

※ケースにもとづいて各自考える

※終了後、ペアワーク

実習

4.段取り術③

  • イレギュラー時の基本対応
  • 押さえておきたいポイント
講義

《実習》グループディスカッション~

※テーマ「本日の振り返り」

※グループ内で振り返る

実習
《実習》個人ワーク~

※テーマ「行動宣言」

※各自シートに具体的な行動を記入し、グループ内で宣言!

実習

5.仕事力アップのために

  • 段取り上手の2大原則
講義
※まとめ、質疑応答、アンケート記入/研修終了  

【受講者の声の一部】仕事の段取り・タイムマネジメント研修

1)現在任されている仕事の質・量が、こなせる質・量を上回っていると感じており、このままではパンクしてしまうと危機感を感じ、この研修への参加を決めました。

2)仕事力アップはもちろん、大勢の前で話す際のポイントまで教えてもらえ、良かったです。

3)周りに「変ったね」と言われるよう、頑張ります。

1)仕事の優先順位を重要度で決めることや,イレギュラーに備えてスケジュールを立てることなど,業務に活かせることが多い講義だった。講師の先生も明るく分かりやすかった。

2)グループワークで他の課の仕事を聞け,そこで気を付けていることの話を聞けたことは,自分の仕事以外の角度の視点もあって参考になった。また「時間短縮だけがタイムマネジメントではない」という冒頭の言葉が,自分の思っていたタイムマネジメントと異なっていたので印象に残っている。

3)自分がなぜ仕事が遅いのかがよく分かった。今後は段取りを決めて仕事を進めていきたいと思った。

1)仕事を効率的に進めるためのテクニックをたくさん学ぶことができた。業務改善をどうしたら良いか分からなかったが,少しの工夫で色々変えることができると気づくことができた。

2)スキマ時間を見つけて,効率よく仕事をしていきたいと感じた。効率よく行うことは,プライベートな時間が増えるという事を意識して,スケジュール,書類,データ整理に取り組んでいきたい。

3)段取りについては今まで取り組んできたやり方でよいと気づけた,あとは個人の時間意識,優先順位の捉え方,コスト意識の持ち方が大切だと感じた。

【担当者の声の一部】仕事の段取り・タイムマネジメント研修

【 担当者の声 】 効率的な仕事の進め方研修/市区町村

本年度講義をお願いした「できる人の仕事術」におきまして、わかりやすく即仕事に活用できるとの声も多く、評価も非常に高い、素晴らしい講義をいただき、本研修のねらい(効率よく業務を遂行する力の向上)を達成するにあたり、もっとも適任と所内にて決定させていただきました。

【 担当者の声 】 できる人の仕事術講座/市区町村

多彩な演習で気づきを与える工夫が見られる。
「なんだか楽しそう」に思える研修メニューと、来所時の講師の印象が良かったこと、
類似研修の実績が多いことから、依頼を決めました。

【 担当者の声 】 仕事力アップ/民間企業

ホームページを拝見して、貴社の考え方・研修運営方針に共感を持ちました。

研修のお問い合わせはこちらからお願いいたします

お気軽にお問合せください

ご依頼・ご相談専門窓口(営業電話・メールはご遠慮下さい)

03-6905-7195
info★ill-career.co.jp ※ [★] を [@] に置き換えて下さい
 
研修に関するご相談・ご質問等がございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

営業時間:9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

代表者プロフィール

Menu

ご連絡先はこちら

株式会社アイル・キャリア

東京都豊島区南池袋1-16-15 ダイヤゲート池袋5F
※ご依頼・ご相談専門窓口

03-6905-7195

営業電話&メールはご遠慮ください

QRコード